スピード違反や脇見運転等の違反が主な事故原因とは

自動車運転において、一瞬の不注意が大きな事故につながることがあります。取り返しのつかない事故を起こすことのないように、細心の注意をもって運転を心がけたいものですが、交通ルールをしっかり守ることでも事故は大幅に減らすことができます。まずスピードです。制限速度が設定されているのは安全のためです。その道路事情にあった最適な速度が制限速度として設定されているわけですから、その範囲内で運転をすれば事故を大幅に減らすことができるはずです。しかし、現実にはスピード違反のクルマが少なくないのが現実で、そのために警察も取り締まりに多くの時間を割かざるを得ない状況になっています。

また、安全不確認も大きな事故のもとです。教習所で練習をするときは、左右、前後の確認を大袈裟なくらいさせられたことでしょう。しかし、免許を取得してしばらくすれば、そのような安全確認もすっかり忘れて運転しているケースが多いです。そのために出会い頭に衝突することが起こるのです。出会い頭の事故は、一時不停止を守らないことによって生じることも多いです。さらに、クルマの運転に慣れてくると、脇見運転をしがちになります。余裕のある走りとも言えるのですが、前方のクルマが急停止したらぶつかってしまうかもしれません。飛び出しにも間に合わないことでしょう。

Comments are closed.