交通事故の恐ろしさと悲惨さ

交通事故には恐ろしさと悲惨さがあります。
報道では死亡や重症重体などと簡単な言葉で伝えられることが多いのですが事故現場は壮絶なものです。
高速道路などはスピードが出ていますのでほんの一瞬の運転のミスで大きな圧力がかかってしまいます。
その衝突による衝撃は人を一瞬にして死に至らしてしまうほどなのです。
実際にあった事例では飲酒運転で衝突した衝撃で被害者は下半身を切断されて死亡しています。
また衝突により火事が起こり出られなくなった人が生きたまま焼死してしまうケースもあるのです。
命が助かったとしてももう二度と社会復帰ができなくなったり障碍者として生きなければいけない場合もあります。
軽い事故の場合ももちろんありますが、運転しているのは鉄の塊であり人など簡単に殺してしまえるということを忘れてはいけません。
自分の意図と関係なく人を殺してしまうともう一生笑えなくなります。
例え賠償金を支払っても交通刑務所に入っても人殺しと言う重圧を持って生きなければいけません。
最近では車は事故を回避するような装置を採用していますがそれを使うのは人間ですので100パーセント事故を避けることなど不可能になります。
悲惨な実態を知れば運転をするときの配慮も高まりできる限り最悪の事態を防げるはずです。

Comments are closed.