交差点での出会い頭による事故が多発

見通しの良い交差点で出会い頭の事故が起きると聞くとなぜこのようなことが起きるのかと思ってしまうこともありますが、これはコリジョンコース現象と呼ばれる錯覚によって引き起こされることが多いのです。
二台の車が同じ速度で交差する道路を走行していると、視野の中では相手の車というのは常に一定の位置にいることになります。
視野から動くことがないため、相手の車は停車していると錯覚を起こしてしまいそのまま互いに相手の認識が遅れてしまうと、最終的には交差する部分で衝突をしてしまうということになるのです。

見通しの良い場所だけに相手の存在がはっきりと確認できるはずなのに、ちょっとした錯覚によって相手の存在を認識できなくなってしまうことがあるのです。
しかし、これはこのような現象があるということを頭に入れておけば回避をすることが出来るもので、道路が交差する手前ではスピードを落としてよく車が来ていないかを確認したり、あるいは道路が交差する大分手前から左右を確認して動いている車がいないかを確認しておくことで早めに相手の存在を認識することができ衝突を回避することができるのです。
これは錯覚によって起きるものですから、そのようなことが起きると理解していないと相手を見落としてしまう可能性があるため、見通しの良い場所ほど注意が必要だということを覚えておきましょう。

Comments are closed.