携帯電話等の脇見運転は危険です

最近では国民一人に一台は携帯電話やスマートフォンを持つ時代になりました。
しかその弊害として脇見運転が発生しており実際に大きな事故が起こっています。
携帯を操作しながらでも運転できると思われるかもしれませんが、そのほんの脇見をしているときにたまたま子供が飛び出してくるかもしれません。前の車が急ブレーキをかけるかもしれません。
脇見運転をしていたために自分がブレーキを踏むのが遅れてしまい、重大な事故を起こしてしまうこともあるのです。
ですので運転している時に電話がかかってきたときにはそのまま放置しておくのがいいでしょう。
どうしても緊急と思われる場合には停車していい場所まで行き、携帯を見てください。
また携帯を持ちながら片方の手で運転をしていますと集中力が途切れてしまい、制御できなくなることもあります。
実際に普段よりも注意力が下がってしまうのです。
ほんの一瞬の気のゆるみのせいで人生が転落してしまうことも少なくありません。
どうしても話をしながら運転したい場合にはハンズフリー機能を使ったものにしてください。
また車載電話などを使うのがいいでしょう。
ちなみに携帯を使いながらの運転は罰則罰金の対象になります。

Comments are closed.